1979年6月28日 福島県郡山市で生まれる。
誕生時の体重は4,220グラム!!大きく生まれて、そのまま大きく育ちました。
1984年 郡山から会津若松に引っ越し
1986年 慈光幼稚園 卒園
1992年 会津若松市立鶴城小学校 卒業

この頃はとてもシャイで、人前に出るのが本当に苦手でした。にもかかわらず体が大きかったため「ウルトラマンの息子の息子」役など目立つ役が回ってきたり、5年生、6年生の時には児童会に選ばれて副会長、庶務を務めていました。とにかく緊張してばかりいました。

1992年 会津若松市立第二中学校 入学

中学校時代はバスケットボール部に所属。きっかけは、入学当時身長が169㎝と人より高かったのと、流行っていたバスケットボールマンガ「SLAM DANK」の影響を多分に受けて。
また1年生の時に学級委員長を務めました(この時も他薦)。この時の学内の大きなテーマが、校則から坊主をなくすことでした。まだまだ坊主が当たり前の時代でした。

1994年 会津若松から郡山に引っ越し
1995年 郡山市立第五中学校卒
1998年 福島県立郡山高等学校卒業

高校時代は中の良かった友人と遊んでばかりで、今となっては「もう少し勉強しておけば・・・」。その友人はある意味私のせいで受験失敗→浪人(笑)。今でも良き親友。

2002年 駒澤大学法学部政治学科卒業

浦田早苗ゼミに所属し、3年生の時にゼミ長(この時は初めての立候補)。4年生の時に研究したPFIが後の修士論文のテーマにも。

2004年 立命館大学大学院政策科学研究科博士前期課程修了

行政学、政治学を中心に、新公共経営(NPM)について研究しました。
修士論文のテーマは「日本版PFIの推進体制に関する課題~英国の動向に着目して~」。この2年間の研究を通じて、行政の非効率性や政治の意思決定に関して問題意識を高める。
1回生の時に、研究科の自治会の修士代表に。また修了式後の謝恩会では、修了生代表挨拶を務める。

2005年 衆議院議員江田けんじの秘書に
民間企業勤務を経て、11月より秘書として勤務。2009年11月からは公設第一秘書に。
青葉区担当として5年間勤める中で、この地域や、横浜市をもっと私たち市民のために良くしていきたいと志す。
2011年 4月10日の市会議員選挙において、23,795票を頂き初当選。
所属委員会は、常任が「市民、文化観光、消防委員会」、特別が「大都市行財政制度特別委員会」。
2012年 所属委員会は、常任が「健康福祉・病院経営」、特別が「孤立を防ぐ地域づくり」。